聞いてやってよウチんちの話(Θ゚∀゚)ゝェヘヘ

4人の子供のコト、好奇心旺盛で不器用な自分の好きなコトを綴ってます
<< ミニひまわりのかんさつ | TOP | デカデカチュッパチャップス >>

仮想空間コミュニティ

サイバーエージェントの
「自分そっくりなキャラクターで遊べるコミュニティサービス アメーバピグ」

一言で言うなら「どうぶつの森」似非セカンドライフという感じ
こっそり遊んでますw


入会すると、まずピグを作ることになります。

顔(7×6)→まゆげ(27×16)→目(36×12)→鼻 (17×1)→口(20×1)→
前髪(24×16)→後髪(21×16)→ほくろ(5×1)→メイク(6×6)→
トップス(1×3)→ボトムス (1×3)→くつ(1×3)→イヤリング(1×2)→メガネ(1×3)→部屋(3)

()内は(種類×色) 選択肢は多い
image1.gif
ただ、「自分そっくりなキャラクターで遊べる」というのを売りにする程
何か特別に人の顔に近づく仕組みやパーツがあるわけではないです

自分に似せて作ってね!
そう言われるとやはり自分に似せようという意識が働きます
ウチの場合は、実際の自分の顔と理想の顔を足して2で割ったような顔になりました
これがえらいかわいいのです
自分の顔ほんとに足したのか・・・あははは (≧∀≦*)

各人のピグにはグッピグというボタンがあります

好きなピグが居たら押しましょう
「はてなスター」とか「ステキボタン」とか「Faverit」のようなものです

・グッピグを押すのに資金は不要
・誰かにグッピグを押してもらうと通貨であるアメがもらえる
(アメは1日20個まで)
・自分に対してだけはグッピグを押せない
・一人の相手につき押せるのは一日一回

image2.gif
プーぺガールの「リボン」といいアメーバはかわいい通貨を作ります
GREEのクリノッペ内にアメというアイテムが登場するので
個人的にはその印象が強いですが・・・「アメーバ」のアメなんですね

アメ20個でスクラッチ1枚
スクラッチを削ると洋服とかが出てくる
最初にアメを25個もらえるのでスクラッチを1枚削れる
image3.gif
1箇所につき30人までという入場制限
セカンドライフかよ?!と思わずにはいられないこの制度
そして、ここには各箇所入場30人の制限がついている
なのでおでかけしようとすると
image.gif
これは相当ストレスになります

「どうぶつの森」との類似
自分の「部屋」があって、それから「街」に「お出かけ」するという言葉の使い方は
任天堂の「どうぶつの森」を意識しているのかと思われます
その他にも「どうぶつの森」ぽい部分が多くあるので
かなり参考にしたのではないでしょうか
どうぶつの森―Wikipediaの以下の記述は、アメーバピグにも当てはまります

ゲームの概要
・家具をコレクションする
・部屋のレイアウトに凝る
・住民との親交を深める
・目的も無くただただお金を稼ぐ
・服のデザインに凝る


試しにと軽い気持ちだったんだけど・・・
ママ同士の会話で盛り上がったり・・・
いい気分転換になってます
author : kasupy | comments (0) | - | edit

Comments

Comment Form








icons: