聞いてやってよウチんちの話(Θ゚∀゚)ゝェヘヘ

4人の子供のコト、好奇心旺盛で不器用な自分の好きなコトを綴ってます

(`ω´)グフフ

4月6日・20:00〜

フジテレビの番組で、貴重な生出演をされます[m033]

スマップが司会の3時間半の生番組

楽しみです[035]

ハニカミ以来の貴重な生放送[m025]

うはぁ(*≧∀≦*) 絶対に見なくちゃ

久々に会えます[m019]

おしゃれしてテレビの前にスタンバイだわ[m034]


出演
【司会】
SMAP 
【ゲスト】
浅野温子  浅野ゆう子  伊東美咲  江口洋介  江角マキコ  唐沢寿明 
小泉今日子(VTR)  柴咲コウ  陣内孝則  反町隆史  竹内結子 
竹野内豊[015]  田中邦衛  中嶋朋子  中山美穂(VTR)  深津絵里 
松嶋菜々子  水嶋ヒロ  三谷幸喜  柳葉敏郎  山口智子(VTR) 
ユースケ・サンタマリア  ほか




フジテレビ開局50周年 名作ドラマ&映画全て見せます!
SMAP PRESENTS ドラマの裏の本当のドラマ
author : kasupy | comments (0) | - | edit

「銭ゲバ」第1話

zeni.jpg
「愛をください…金のためなら何でもするズラ!!」

 きっと どこか隅の方で僕も生きているんだ(by ECHOES)

サブタイを見て、ECHOESの「ZOO」が思い浮かびました
辻仁成氏が作詞作曲と知ってなんで作家さんが…?
と思ったら、ECHOESのボーカルだったんですね!
曲自体は昔から知っていたのにこの事は全然知りませんでした
(小説家のイメージが強いです)
改めて聴いてみると、この曲ドラマにぴったりだな〜と思いました

「銭ゲバ」観たズラ
なんというか、観終わった後ズシンと来ますね〜
何処にも救いが無い
それは私が、今まで救いのあるものばかりを選んで観てきたからでしょう
自分と風太郎を比較して、如何に自分が恵まれているかを実感します
音楽がちょっとレトロというか懐かしさを感じました
あれは原作の舞台が70年代である事を意識してるんでしょうか?
1話のストーリーは、タイムリーな派遣切りのお話
明日は我が身という決して他人事でない怖さすら感じられます

風太郎と母親が、貧しくも慎ましく暮らしているのは幸せそうでした
風太郎に食べさせる為に自分はお腹いっぱいだと嘘を付いたり
有るはずのない薬を飲んだフリをして安心させる母の桃子
例え貧しくても、母親は深い愛情で風太郎を守ってくれて
風太郎も大きくなれば働いて逆に支えてあげれたでしょうね
ずっとこのままだったら…
母親が病気で死ななければ…
父親が風太郎を愛してくれれば…
風太郎も今の様にはならなかったでしょう
あるキッカケで簡単に人は変わってしまう
お金が無い事が母親が亡くなった直接の原因となってしまい
風太郎はそこに怒りをぶつけるしかなかった
お金があれば、何でも手に入る
お金があれば、幸せを掴める
銀行などに預けず自宅の畳の下に隠している所
風太郎が他人を信用しないってのがよくわかります
そして、自分から金を取りあげようとする者には容赦なく攻撃する
金に支配され、乗っ取られてしまってるかの様です
あんなに親切にしてくれた近所のお兄ちゃんまでを…。・゚・(ノД`)・゚・
あの時は必死で後で我に返った、という感じでしたが
もう後には戻れず
ここから“銭ゲバ”としての人生を歩むしかなかったんですね

風太郎の生い立ちを見て…“同情”とは違うし“共感”も違う
言い様のない複雑な気持ちにさせられました
母親が亡くなってしまったのはお金が原因ですが
世話を焼いてくれた近所のお兄ちゃんによって
風太郎も正しい道を歩めたのではないだろうか?と思いました
自分の為に止めてくれた人を殺めてしまう…
ここが同情も共感も出来ない
…いや、逆にそれでいいのかも知れません

松山さんが会見で

「今の時点では世の中全て金
と言っている風太郎の味方になろうと思ってる
そこからどう風太郎の価値観から離れていくかが大事」


と語っていました
付かず離れずの微妙な距離で
風太郎という人物を見た方がいいのかもしれない
author : kasupy | comments (0) | - | edit

銭ゲバ

zeni.jpg

オレは美しいものが好きズラ。
美しい人の心が欲しいズラ。
真実というものがあれば、命を懸けて追い求めるズラ。
だけど、人の心は美しくないズラ。人間はみんな汚く、いやらしいもんズラ。
だから、オレが信じるのは「銭」だけズラ。
「銭」があればなんでも手に入るズラ。
「銭」こそ正義ズラ。
「銭」があれば寂しくないズラ。
「銭」があれば幸福ズラ。
だからオレは、「銭ゲバ」として生きてやるズラ。

次クールの観たいドラマはコレです!
1月17日スタートの「銭ゲバ」(日本テレビ:土曜9時)!!

「銭ゲバ」という漫画が原作らしいんですが
おおまかなストーリーを調べて驚愕…

聞いてるだけでも耳を塞ぎたくなる様なショッキングなシーンが多いです
でも、イントロダクションのドラマ化についてのコメントで

「本質はそこではない」とあり

これは誰が出てようと関係なく観るべきだと思う様になりました

蒲郡風太郎は、小さい頃の出来事がキッカケで“金”しか信じなくなる
その後も誰も信用せず心を開かずに大人になっていく風太郎…

ドラマ、楽しみです!


ドラマ「銭ゲバ」公式サイト
author : kasupy | comments (2) 1232514172 | - | edit

Love Letter☆

frame627523_p.jpg

昼ドラって最近はほっとんど見てなかったんだけど
昨年11月から始まったTBSの「ラブレター

今このドラマに夢中[m013]

最初は「若い子の恋愛って青いな〜」って
鼻で笑いながら見てたんだけどねぇ
なんか、みえみえの展開で、
主人公がこれでもか〜〜〜〜と不幸になるのかっ?!
っと思いきや、まわりに『いい人』もたくさんで、
最近は切ない展開になってきて毎回涙しながら見てます[m059]

20090113tv.gif

このドラマの1番の楽しみは
なんといっても中高時代の海司役の『村上 一志』くん

いや、主人公の女の子ももちろんいいのですが・・・
今時のドラマの男の子じゃない、擦れてない子でね〜
我が家の息子達も、こんな子に育ってほしい!

もうすぐ海司が大人になって
違う俳優さんになるみたいなので・・・[m029]
今の内にしっかり見とかなきゃ!![036]
author : kasupy | comments (0) | - | edit

ブラッディ・マンデイ 第11回 (最終話)

bloodymonday.jpg

「今夜0時東京破滅テロ宣言へ!!生死を懸けた終幕へ」

「私が死んでも代わりはいるもの。」

終わってしまいました…観た後の率直な感想は

「…え?終わり??」

最後で何か続編や映画化の告知があるのかドキドキしましたが、
何事もなく終わってしまった。
最後は、急ぎ足で駆け抜けていった、そんな印象を受けました。
ウィルステロを丁寧に描いていたのに、
本当の狙いは中性子爆弾によるテロだったと10話で明らかにし、
たった1話で決着を付けるなんて無茶な話です。
直後は満たされない気持ちばかり残りましたが、
続編がないのなら今まで「こうじゃないかな?」って妄想してきたので、
今回も自分なりの『答え』を出してみようかな…と思いました。

竜之介は調査報告書にKに対して
“藤丸と同じ新聞部に在籍しているのは復讐なのか
 とにかく何らかの目的があるに違いない
 藤丸は一刻も早くこの件から手を引かせる必要がある”
と記していました。
藤丸に「関わるな!」と言っていたのは、
Kが藤丸に危害を加える可能性があった為で、
遥だけでなく藤丸の事をちゃんと心配していたんですね。
潜入調査を知っていたのは、苑麻局長だけ。
でも藤丸にだけは伝えておいて欲しかった…家族だもんね。
竜之介が亡くなってしまったのは本当に残念です。
藤丸を助けた結果だから、
竜之介にとっては悔いはないのかも知れないけど。
でも、この先藤丸と遥は両親を失ってどう生きていくのでしょう。
藤丸はまだ高校生だし、遥を養っていく事は難しいかも知れません。
そうなると施設にお世話になったり、養子として迎えられる事も…
この二人のこれからの道は決して明るいとは言えず、
寧ろ困難が待ち受けている様に思えます。
父や友達を亡くし、時に裏切られ、今までとは180度変わってしまって…
でも藤丸はこれからも遥を守っていってあげて欲しい。
どんな事があっても。しっかり自分を持って。
author : kasupy | comments (0) | - | edit

ブラッディ・マンデイ 第10回

bloodymonday.jpg

「東京炎上!?死と裏切りと絶叫の中、遂にテロ最終舞台へ」

マヤはホントに頭のキレる女性ですね〜。
THIRD-iも手の上で転がす様に動かしてしまいますし、
今回でとうとうJをも出し抜いてしまった様な気がしました。
ウチの中では真子は裏切り者と感じていたので、
マヤが真子が竜之介に誘拐されているとTHIRD-iに持ちかけた時
「今度こそ騙されるなよ〜!」と祈っていました。(祈り届かず 笑)
英がどうして学校内でウィルスに感染したのか
ずっと疑問に思っていた、という霧島。

「そうそう!それそれ!霧島いいトコ気がついた(・∀・)人(・∀・)!」
と思ったら音弥を疑ってるのね……ッテナンデヤネン┌(`Д´)ノ)゚∀゚)

しかし、死守してきたBLOODY-Xと抗ウィルス剤を、
ああも簡単にTHIRD-iに渡してしまうとは…
テロ決行にも参加してなかったみたいで、
マヤの狙いはJの目標とは違うんだなとハッキリわかりました。

今回、Jが少しばかり不憫に思えてきました。
といっても、Jもテロを起こそうとした人ですから同情はできないけど…
「取り戻したいもの」血の繋がった音弥と思っていたんですが、
彼は感染して死んでしまう可能性があったんですよね。Jは助けなかったし…
音弥は神島の子供ではなかったけど、教団と関係があった女性の子供でした。
ややこしいです;

それにしても今回はマヤ大活躍?の回でした。
彼女は、自分は金で動くと言っていましたが、
教団を解体させたいのは「自分のため国のため」とも言っていました。
国の為というのは、国家下の調査員でもしてるんでしょうか?
前回、国会議事堂の近くを歩いていたので法務大臣の下で動いてるスパイ?
しかし音弥の祖父にあたる九条彰彦は、
Jが自分の孫でありテロリストのリーダーだとあっさり認めてましたね。
知っていて知らぬフリをしていたのですから、逮捕も覚悟の上なんでしょう。
神島の殺害を指示したのもKじゃなくこの人なんじゃないかな〜。
author : kasupy | comments (0) | - | edit

ブラッディ・マンデイ 第9回

bloodymonday.jpg

「テロ最終章!!神が与えし教祖の死、そして最後の月曜へ」

ブラマンキスシーン!

マヤが加納さんに…(゚Д゚;)
BLOODY-Xを唇に塗って感染させたんですね
しかしなんだか緊張感のあるキスでした
加納さんピクリとも動かないし…
キスされた後に唇がテカテカしてたのは
ちょっと笑いそうになってしまった(笑)
でも、抗ウィルス剤残ってるし助かるんだろうなぁと思ってたので
個人的にはあまり悲壮感は感じられなかった;(ごめんよ加納さん)

Jと神島は親子だったんですね
そういえば、Jは自己紹介の時何故か
「アルファベットの10番目のJ」と言ってました
神島の子供は10人居て一人が亡くなっている
Jは亡くなったとされる10人目の子供って事なんでしょうか
(そしてアルファベット11番目にあたるKは、
公にされてない11人目の子供…?)
Jはこう言ってました「音弥とは血の繋がった兄弟」だと
あれは単に藤丸を撹乱させる為なのか、
それともやはり真実なのか
タイピングの文字もそれらしき事を匂わせてましたね
「現実を知れ」とか「真実から目を背ける」
という言葉が出てきました
ここからは、Jと音弥が兄弟だとして話を進めていきます
音弥とJは父親も母親も同じなのかな?
音弥によると、母親は祖父のせいで死んでしまった
と言ってたので既に故人のようです
Jがなんだか神島に対して興味が無さそうだったのは
教祖奪還が目的ではなく、「取り戻したいもの」は
血の繋がった弟の音弥だったという事なんでしょうか

前回のJの言葉
「わかってないのはこの腐った国の方さ 
君ら5人の命よりも神島紫門を飼い殺しにすることを選ぶかもしれない 
死刑を執行せず独房に監禁しているだけの男の方が大事だと
判断しちゃったりして」
神島の事を蔑んでる様なニュアンスも感じられます

Jは音弥と母親が同じで、亡くなった原因が神島にあると捉えてて
怨みを感じている様な…そんな気がしてきました
音弥は母親が亡くなったのは祖父が見殺しにしたからだと責めていましたが、
神島という人物を今まで囲っていたのも祖父
彼があえて神島を生かしていた理由はなんだろう?
祖父ばっかりで音弥の父親が一切触れられてませんしそれも気になります
author : kasupy | comments (0) | - | edit

ブラッディ・マンデイ 第8回

bloodymonday.jpg

「ついに大量感染!?拘置所に眠る犯罪者の大脱走計画の全貌」

藤丸の友達が犠牲に。・゚・(ノД`)・゚・。

BLOODY-Xは本物でした。しかもみんなに感染。
あんなに藤丸を欲しがっていたJも見切りをつけた。
念願の抗ウィルス剤も手に入れたし、もう藤丸には用がないのかも。
今のテロリスト軍団は最強ですもんね。
藤丸もTHIRD-iとなんとか作戦を考え起こすも、
時間が掛かり間に合わず英が犠牲に…
英が亡くなったシーンは、ただただ悲しかった。
「ありがとう」って言って、おんぶされながら微笑む英…。・゚・(ノД`)・゚・。

藤丸は最初、THIRD-i側からのテロ関係のハッキング依頼を断っていました。
自分には関係ない、と。
でも「君も、君の友達も、君の兄弟も、
みんな居なくなってしまうんだよ 東京がなくなるんだ」
という言葉が藤丸の心に残り、今回のテロと深く関わる事になる。
藤丸はみんなを救うために関わったのに、
自分が関わったが為にテロリストに目を付けられ、
友達を巻き込んでしまった…皮肉な事です。

2年前の事件は、藤丸が神島逮捕に一躍かっていたんですね。
テロリスト達がそこまでして奪還したい神島ってどれほどの人物なんでしょう?

テロリスト達とマヤとJの、導師(神島)に対する思い入れが、
それぞれなんだか違う気がするのはウチだけ?
テロリスト達は元々教団の信者なのかな。
Jが神島を取り戻す作戦を伝えた時嬉しそうだった。

マヤは雇われの身分なのに先立ってTHIRD-iと交渉しているのを
テロリスト達から睨まれてたし、
前回のJの神発言にも疑問を抱いてそうだったし
マヤ自身は教祖奪還はただの通過点みたいな感じがする。

Jは、マヤが神島の元に行く時「黒がお好きだと伺ったので」と言ったのを
「そうだっけ」みたいな素っ気ない事を言っていました。
これはウチ的に意外でした。もっと崇拝しているのかと…

そしてあのタイピング文字、Jが“Kの言葉”として打たせてたけど
「て感じにしとこっか」って適当に済ませている感じ…
もしかしてJはKという人物を表向きでは尊敬の意を表してるけど、
心ではあまりよく思ってないのかな。
「取り戻したいものがある」って言ってたけど、
Jがテロリスト達と関わってる目的は、
教祖を取り戻す事の他にあるのかもしれない。一体誰を?

Jは自ら神崎潤と名乗っていたけど、
本名を名乗るのは危険ですし偽名ですよね。
あのアルバムに写っていた神崎潤という数学者に成り済ましているの?
だったら当の本人はいずこ?
author : kasupy | comments (0) | - | edit

ブラッディ・マンデイ 第7回

bloodymonday.jpg

「テロ全貌が今夜明らかに!!非情な計画が日本を襲う!!」

鎌田さん、100%怪しいです(笑)

沖田に代わって新たに就任した課長、鎌田淳一郎。
ここにきて突然の新キャラ。
今までの数々の裏切り者を見て来た身としては、
この人物疑わずにいられない!!
THIRD-iって秘密組織だし、
このプロジェクトは特に内密に進行していかなければならないもの。
この時点で外野から人を受け入れるの、
セキュリティー的に大丈夫なんでしょうか?
スパイだった宝生も
元々別の組織から派遣して来た人間だったのに…
しかも人物紹介に『敷村教授の元助手』って
あるじゃないすか〜!
あの敷村教授だよ?
テロリストと繋がってた人物だよ〜。
よく受け入れたねぇ…
しかし鎌田さん、緩慢な態度と言動が怪しい。
ビデオを見せろと言い、
それを警視庁の人に渡し遥にビデオを見せて
怒った藤丸と舟木が取っ組み合うというアリバイ作りに一役かってる。
ハナっから疑って掛かってますが、絶対スパイですよね?

スパイといえば、警視庁の
伊庭刑事(何故か下の名前がない 笑)が確定っぽい。
1話で藤丸宅に盗聴器を取り付けたってのがテロリスト側にも伝わってて、
「あ〜スパイは舟木だな!」と思ってたのにそっちだったかーー!
author : kasupy | comments (0) | - | edit

ブラッディ・マンデイ 第6回

bloodymonday.jpg

「日本最後の日!?破壊と滅亡、そして父の真相があきらかに」

父の真相、明らかになってねぇーーー!!

毎回某スポーツ新聞の見出しの様に
大袈裟に書かれてるサブタイトル…(笑)
この時点で『日本最後の日!?』ですから、
最終回は一体どんな宣伝文句が付けられるのか楽しみ楽しみ

今回は敷村教授が裏の顔を曝け出しましたね。
しかし、宝生にも言える事ですが、
最初から悪事を働こうとしている人達ではなかった。
必ずキッカケがあり、それに対しての復讐心が芽生えている。
藤丸やTHIRD-i側が『正義』なら、『悪』はテロリスト達。
しかし、Jは「この国を良くしよう」という信念の元、
(やり方は間違ってると思うが)日本を再建築しようとしている。
正義と悪の境界線は何処にあるのでしょうか。
そして自分が『正義』だと思えば、
それは本物の『正義』になるのでしょうか。
『正義』という言葉の意味を改めて考えさせられる。

藤丸が2年前にハッキング行為で捕まったと1話でありましたが、
動機などの詳細はドラマで説明はまだないですよね?
彼は、ただ悪さをしようとしてそんな行為はしないハズ。
モットーは不正を暴く為。
でも何処に侵入しようとして何を探りたかったのか。
同じく2年前に未遂に終わったテロがあった、
らしいですがこれに繋がりそうなのかな。

ファルコンとの対決に負けたブルーバードが
「罰を受ける」事をすごく恐れていましたね。
ここでいう罰とは殺されるという事かな。
テロリスト達は『失敗すれば罰を受ける』事を義務付けられてるみたい。
相変わらず冷たくあしらうテロリスト仲間…
でも、ひとつ気になったのは、
ブルーバードがJがBLOODY-Xを手にしたのをすごく怖がっていた事。
てっきり、メンバーはワクチン等接種済みかと思ってたんですが。
敷村教授によると、BLOODY-Xの抗ウィルス剤は
治療薬にも予防薬にもなるとのこと。
そんな万能な抗ウィルス剤を、
テロリストはどうしても手に入れたがっている。
ということは、テロリスト側はBLOODY-Xに対する
ワクチン的なものすら元々持っていないという事?
もしそうなら、自分達も感染する恐れがあるし危ないですよね。
2度に渡って起こしたテロが偽装だったのは、
その場に居た自分達の身の危険もあったから?
ん〜でもこれだと1話のマヤが説明付きませんね。
あの場に居たのに感染してないし…
やっぱりワクチン的なものは手に入れてるのかな。
治療薬がないだけで。
author : kasupy | comments (0) | - | edit

ブラッディ・マンデイ 第5回

bloodymonday.jpg

「地球の未来をかけた藤丸と「J」の頭脳戦がついに始まる」

「おかわり好きなんだよね」
…って、どんだけメロンソーダ好きやねん(笑)

前回の印象より、Jは子供っぽくみえました。
でも頭脳は明晰でまんまと逃げられてしまいましたね…
惜しい。
あそこまで接近したのに何故逃してしまったのか。
撒かれたけど車のナンバー(偽装かな?)や顔も全員バレてるし、
そこからなんとかたどり着けないの?
THIRD-iもテロリスト達の顔を覚えただろうし、
みんなであーだこーだ言いながら似顔絵作成とか…地味なとこから責める事も大事だよ。

Jは「交渉はまとまる筈だよ 今の霧島ちゃんなら」と言ってましたが、
彼なら婚約者の命を優先するだろうと考えたんでしょうね。
THIRD-iの人間を名前だけでなく、どんな性格の持ち主かも結構把握してるみたいです。
しかし、ちゃん付けって…バカにしてるだけ?もしや面識あるのでは?

石川看守はついに殺害決行してしまいましたね。
後ろに神島もいたので、一緒に刺しちゃったのかと思ってしまった
ここにきて何となくだけど、
不倫相手を殺したのは浅倉看守ではないかと思い始めました。
看守は2名体勢が基本だとしたら、前の看守はどうして居なくなったのか…
(浅倉看守が殺害したのを、今回の様に神島にかばって貰ったのでは?)
初めに「言葉を交わすな 操られるぞ」と念を押していたけど、
何故神島の素質を知っているのか…
(これは神島が投獄されたキッカケで知ったのかも知れないけど)
彼が石川看守と神島が接触しそうになってるのを恐れていたのは、
次自分が殺られる可能性を感じたからじゃない?
マインドコントロール説も捨て難いんですけど、
このブラッディ・マンデイ内で、
科学で証明出来ない現象が出てくるのはなんか都合よすぎかな〜と…
これに関してはホント憶測でしかない…
でも外れて当たり前なので気にしない(笑)!
この件で石川看守は神島にまるで神を崇めるかの様に
「これでいいんですよね」と言ってました。
“神”と“崇拝者”の出来上がりってワケです。
ただ、見張っている浅倉看守を殺させて逃げるのかと思いきや、
ちゃんと部屋に残ってたので、この人が本当は何をしたいのかよくわからん(笑)
author : kasupy | comments (0) | - | edit

ブラッディ・マンデイ 第4回

bloodymonday.jpg

「裏切り・憎しみによる復讐がさらなる悲劇を生む」

加納さんが生きててヨカッター\(^o^)/
でも宝生さんが…。゚(ノД`)゚。
一喜一憂した第4話でした。

人の心の隙間につけ込んで利用するテロリスト達…許せない!
宝生はお兄さんの仇の為にTHIRD-iに潜り込んだんですね。
理由が理由だけに加納さんの説得も虚しく、
最期お兄さんと同じ選択肢を選んでしまったのは悲しいです…

テロリスト達は“国家”という漠然とした物を標的にしている。
日本という国を滅ぼし、理想郷を建築するのが目的?
いわば、正義の味方気取りの“ダークヒーロー”でしょうか。
『DEATH NOTE』をちょっと彷彿とさせました(ウチの中で)
Jがなんだか夜神ライトと被るんですよね;
ライトも、凶悪な犯罪者を次々と殺害していく理由に
「国を良くするため…」と最初は考えていましたね。
しかし歯車が狂いだし、
次第に自分に都合の悪い人間もノートで殺していくようになってしまった。
最初は純粋な心で願っていた事もどこかで屈折してしまい、
自らも破滅に追いやる。
テロリスト達は、自分達も一緒に滅ぶことを望んでいるのでしょうか?
それとも自分達だけ生き残り、再建築していくという考えなのでしょうか?
ウチはどちらも賛同出来ません。
幾ら今置かれている状況が「良くない、おかしい」と思っていても、
人を巻き添えにするのは利己欲でしかありません…
今世界の至る所でテロが行なわれています。
切実に訴えていた事が、何かの力によってまかり通らなくなり、
どんどんエスカレートしてテロの様な過激な行動にまで結びついてしまってる。
戦争も、テロ行為の延長線上にあるのではないでしょうか。
大切な人が殺された事で相手への憎しみが生まれ、
『報復のため』と銘打って人を殺す事も厭わなくなる。
そしてそれにより、大切な誰かを失った人が報復心を抱き雪だるま式になっていく。
Jやテロリスト達がそのような状態の宝生の心にするりと入り込む所に、
同じものが見えた様な気がしました。
author : kasupy | comments (0) | - | edit

ブラッディ・マンデイ 第3回

bloodymonday.jpg

「 裏切り者は誰だ!?味方に潜む敵の影!! テロ首謀者・現る」

ついに宝生が本性を露にしました。
といっても、なんだか腑に落ちない部分がある…
藤丸や遥に対しての、今までの彼女の優しさです。
マヤも優しい表情とかはしてましたが、これは欺く為の演技。
影ではやはり冷酷な女性でした。
宝生は遥にはごはんを一緒に作って食べてあげたり、
藤丸には寝てる時に布団を掛けてあげるなど、本人も知らない所でそういう行動をしてる。
怪しまれない為とはいえ、ここまでする必要はあるでしょうか。
彼女の素の部分だったと思いたいです。
予告で「復讐しませんか」と持ちかけられていたので、
それに乗っかってテロリスト側と契約を結んだんですね。
彼女の本当の標的はテロリスト達と違い、
他にあるんだと思いますが復讐せざるをえない程の動機は何でしょう。
(自分にとって大切な人の為?恋人、両親、兄弟…)

個人的に人情味があって好きなキャラ、加納さんが撃たれてしまいました〜(T▽T)
っていうか、ホントに撃たれたんですよね?
車内からの心理戦はハラハラしましたが、ひとつ違和感ありまくりあったのが、
宝生の「スパイに銃を向けて!」ってセリフ。
藤丸を騙せていたと思ったのが、自分に向けられてビックリする。
その藤丸の行動で驚きを与えたかったんだろうけど、
あそこは普通に「敵に銃を向けて!」とか「加納さんに向けて!」で
良かったんじゃないかな〜。
文章を縦に読むやつも、宝生のはいいけど
霧島が文字の大きさ設定を変えていたら…と思うと(笑)
author : kasupy | comments (0) | - | edit